自分に合うではなく、どう合わせるか

服を選ぶとき、試着や鏡の前で「自分に似合うか」を意識する方が多いのではないでしょうか。

もちろん、自分に合うかどうかを見ることも大切ですが、どう合わせるかを考えるとよりファッションが楽しくなります。

服は着るものです。
あなたがどう着こなすかが大切なのです。
そしてほとんどの服は、その1枚でファッションが成立するものではありません。

ボトムス、靴、アクセサリー、バッグ、髪型とすべてがそろってファッションは成立します。
そこで、どう合わせるかを意識することで感覚が磨かれ、新しいファッションに挑戦できるようになるのです。

人の好みは偏りがちです。
キレイ目ならキレイ目の服を、アメカジならアメカジばかりとなる傾向にあります。

そこにスパイスというか、「いつもと違う」を取り入れるのであれば、あなたのセンスで選んだ1着がベストです。

まだ開拓していない分野の服にもぜひ、挑戦してみてください。
イメージが湧かなければ、その服は買う必要はありません。

思うに、ファッションの楽しみの1つに、想像を膨らませること、考えることがあります。
せっかくの服選び、ショッピングを120%楽しむためにも、自分に合う合わない、自分の好みだけでなく、目に入った1枚を「どう合わせるか」を自分でコーディネートしてみ
てください。きっと新しい発見がそこにはありますよ。

女子のウケがいいファッションを目指す③~脱ぐときの意識~

脱いだときどう見せるかも秋冬ファッションでは意識するべきことの1つです。
屋内に入ったときや車に乗っているとき、アウターを脱ぐ機会はデートなどの場合では多いもの。

アウターに頼ってばかりでインナーを気にしないなんてもったいないです!
特に冬は重ね着+アウターが主流になるため、ファッション意識は靴とボトムス、アウターの3点に集中しがちです。

しかし、アウターを脱ぐことを考えるとインナーまで気を遣う必要があるのです。
アウターがある状態ではかっこよくても、脱ぐとダサいなんてことはあり得ることなのです。

ここが冬のファッションの難しいところでもあります。
これを解決するのが、おしゃれなインナーです。

タンクトップは防寒の観点から切ることができないので、Tシャツやポロシャツがメインとなるでしょう。
ここに力を入れることで着ても脱いでもおしゃれなファッションが完成するのです。

「外見より内面が大事」
これは多くの方が言葉にすることでもあります。
ファッションでも同じで、アウターだけではダメなのです。
インナーも含めて、おしゃれかどうかが大切なのです。

これまで「冬のファッションはアウターがあるから楽♪」と考えていた方は注意です!
見えないところまで意識を傾けることが、本当におしゃれを楽しむということではないでしょうか。

女子のウケがいいファッションを目指す②~全体でまとめる~

男性目線のカッコいいは、カッコいい系の物を組み合わせたり、柄物でそろえたり、だぼっとした服装をしたりと1点で魅力を放つものを多く取り入れる
傾向にあります。

しかし、このファッションは女性にとっては「うるさく」見えたり、落ち着きがない印象を与えてしまいます。

万人ウケを目指すのであれば、全体できれいにまとめるファッションセンスを磨くことが必要です。
全体できれいにまとめるというのは、派手なものを身につけないというわけではありません。

派手なものを派手と見せない工夫を施しているのが、本当のおしゃれなのです。

ファッションの中で、1番のメインは何ですか?
インナー、アウター、ネックレス、ピアス、シューズ…どれも違います。

ファッションのメインはあなた自身なのです。
身に着けるすべてのものはあなたを引き立たせるためにあるのです。

そう考えると派手なもので固めるファッションがナンセンスなのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

例えばインナーを派手にするのであれば、アウターやシューズは大人しめにしたり、
シューズを派手にするのであれば、上半身を大人しめにする。
つまり、トータルバランスを考えなければならないのです。

派手と派手を組み合わせると派手にしかなりません。
しかし、地味と地味であったり、派手と地味を上手に組み合わせることでおしゃれへと変化をもたらすのです。

これがおしゃれの楽しさであり、ファッションセンスを表現する最適な方法なのです。

女子のウケがいいファッションを目指す①~カッコいいではなくカワイイ~

人の好みは千差万別。
しかし、ファッションは誰からも受け入れられることができるという特徴を持っています。

「めっちゃ好き!」
とまではいかなくとも、あなたの服装を見て、「おしゃれだな」「かっこいいな」と思わせることはできるのです。

そこで、女性の好みを知っておく必要があります。
男性目線のかっこいいと女性目線のかっこいいは違います。
これをしっかりと知り、ファッションに取り入れることが大切です。

男性目線のカッコいいは、ワイルドさ、セクシーさが主となるファッションでしょう。
肌の露出が多かったり、筋肉を見せる、シルエットなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
もちろん、女性目線でもこれらが「かっこいい」と映る場合がありますが、万人ではありません。

女性目線のカッコいいは「カワイイ」なのです。
女性から服を「カワイイ」と言われたことはありますか?
これは、「おしゃれだね」「センスいいね」の同意語なのです。

ふんわり系のセーターや地味目のTシャツとシャツ、ニット帽など柔らかい印象を与えるアイテムが効果的なのです。
決して派手に決めればいいというわけではないのです。

ホワイトや暖色系をうまく使いこなし、カッコ可愛く着こなせる男子は女子にとってポイントの高いおしゃれさんとして認知されるでしょう。